外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 熊本県は19日、相次ぐ地震により自宅倒壊を恐れて避難所生活を送る人が、全県民の6%以上に当たる約11万7千人いると明らかにした。前日より約1万2千人増えた。同時に「車中泊」による避難も目立ち、エコノミークラス症候群で死亡する被災者も出た。行政は車中泊の全容を把握しきれておらず、対策が急務となっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信