外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 石油コンビナートがある26道府県のうち、爆発火災などに備え住民への情報伝達や避難勧告のマニュアルを策定しているのは2割に当たる6自治体にすぎないことが11日、総務省消防庁の調査で分かった。住民の安全確保に重要として、同庁は年度内に改善策をまとめ策定を促す。大量の石油や高圧ガスを扱う事業所のある特別防災区域は、33道府県に85カ所あり、このうち26道府県が調査に答えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信