外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年1月に交通死亡事故を起こし公務中として不起訴になったが、日米地位協定の運用見直しを初適用して自動車運転過失致死罪で在宅起訴された米空軍の軍属ルーフェイス・ラムジー被告(24)に、那覇地裁(鈴木秀行裁判長)は22日、禁錮1年6月(求刑禁錮2年)の判決を言い渡した。これまで日本側で起訴できなかった軍属への実刑判決で、地位協定の抜本的な改定を求める声はさらに強まりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信