外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ナイロビ共同】在ケニア日本大使館は1日、ケニアの首都ナイロビ南東部で7月2日に日本人の男性旅行者(25)=東京都在住=が強盗に銃撃され、重傷を負ったと明らかにした。男性は現地の病院に入院して治療を受け、既に帰国した。事件は7月2日の日中に発生。強盗は3人組で、ホテル前で迎えの車を待っていた男性のかばんを奪おうとした際、男性の脇腹に1発発砲した。男性は1人でケニアを訪れていた。

共同通信