外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 小泉政権で郵政民営化の旗振り役を務めた竹中平蔵元総務相は22日、日本郵政の次期社長に元大蔵事務次官の斎藤次郎氏が就任することに関して「(鳩山内閣は)天下り根絶と言いながら、実際は(官僚OBが再就職を繰り返す)『渡り』を政治主導でやったということだ」と批判した。都内で共同通信の取材に答えた。亀井静香郵政改革担当相の社長選任手続きについても、強権的で不適切との認識を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信