外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都内のJR線の複数箇所で8月中旬以降、ケーブルの被膜が焼けるなど、不審火の痕跡が見つかっていたことが28日、捜査関係者らへの取材で分かった。いずれもJR東日本は公表していない。都内のJR線ではほかにもケーブル火災が相次いでおり、警視庁は一部について放火容疑を視野に捜査を始めた。

共同通信