外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第84回都市対抗野球大会最終日は23日、東京ドームで決勝を行い、JX―ENEOS(横浜市)がJR東日本(東京都)を3―1で下して2連覇を果たし、最多優勝回数を11度に更新した。2連覇は前身の日本石油が1962年に達成して以来51年ぶり。3年連続で決勝に進んだJR東日本は2年ぶりの優勝を逃した。決勝は史上初の2年連続同一カード。橋戸賞(最優秀選手賞)はJX―ENEOSのエース、大城が2年連続受賞。

共同通信