外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都の小池百合子知事は22日始まった都議会定例会の本会議の施政方針で、2020年東京五輪・パラリンピックの仮設施設整備費用について、都外会場も含めて負担を受け入れる考えを表明した。「仮設整備は他の自治体が所有する施設を含め、都も負担することを排除せず、検討するよう事務方に指示した」と述べた。

共同通信