外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都台東区の都立高校が4月に、1年の女子生徒に対する母親による虐待を確認しながらすぐに児童相談所に通告しなかったことが8日、関係者への取材で分かった。生徒は7月に再び虐待を受けて手足にけがをして通学。担任の男性教諭が児童相談所に通告し、生徒は保護された。都教育庁は「結果的に言えば対応が3カ月遅れた。学校側が4月の段階で通告すべきだった」との判断を示している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信