外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 有田焼の陶芸家で、人間国宝の十四代酒井田柿右衛門(さかいだ・かきえもん)氏が15日午前8時45分、直腸がんと転移性肝腫瘍のため、佐賀市内の病院で死去した。78歳。佐賀県出身。葬儀・告別式の日取りや喪主は未定。多摩美術大卒。2001年、国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。赤絵の絵柄に加え「濁手」と呼ばれる柔らかな乳白色の磁肌が特徴で、国内外で高い評価を受けている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信