外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オランダ・ハーグで1974年に起きたフランス大使館占拠事件の逮捕監禁と殺人未遂罪のほか、密出入国を繰り返したとして旅券法違反などの罪に問われた元日本赤軍最高幹部、重信房子被告(64)の上告に対し、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は16日までに、棄却する決定をした。無期懲役の求刑に対し、懲役20年とした一、二審判決が確定する。決定は15日付。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信