外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 脳性まひで重度の身体障害がある札幌市南区の伊藤昌一さん(37)が、今年の新司法試験に合格した。左手の人さし指1本でパソコンのキーボードを打ち、論文を執筆。受験回数の上限である3回目での快挙だった。伊藤さんは分娩時の酸素不足から仮死状態で生まれ、脳性まひに。特別支援学校から普通科高校、北海道大と進学。道庁に4年半勤めた後、法科大学院に入った。「オールラウンドな弁護士になりたい」と意気込む。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信