外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 出張を装い政務活動費約913万円をだまし取ったとして詐欺と虚偽有印公文書作成、同行使の罪に問われた元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)に、神戸地裁は6日、懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。佐茂剛裁判長は判決理由で「金銭欲から県民を裏切り、公判では真摯な反省も見られなかった」と批判した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信