外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民進、社民、生活など野党各党の一部が、夏の参院選比例代表に統一候補を擁立する構想を検討していることが5日、分かった。関係者が明らかにした。「反安倍政権」票が分散して死に票になるのを防ぐ狙い。公選法上の「確認団体」を設立し、比例代表に統一名簿を届けることを想定している。呼び掛け人の亀井静香元金融担当相らが8日に構想を発表する。ただ民進党執行部は否定的で、実現するかどうかは見通せない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信