外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2020年東京五輪の追加種目選定で、最終選考に残った8候補のうち、野球・ソフトボール、空手、ローラースポーツ、スポーツクライミング、サーフィンの5候補が有力な情勢であることが15日、関係者への取材で分かった。大会組織委員会は今月末が期限となる国際オリンピック委員会(IOC)への提案に向けて議論を進め、28日の検討会議と理事会を経て最終決定する。

共同通信