外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2020年東京五輪の追加種目選定で、大会組織委員会は28日、東京都内で理事会を開き、野球・ソフトボールと空手、ローラースポーツのスケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの5競技から合計18種目の実施を国際オリンピック委員会(IOC)に提案することを決めた。複数の関係者が明らかにした。IOCは来年8月にリオデジャネイロで開く総会で正式決定するが、開催都市の意向を尊重する方針で、国民的人気のある野球はソフトボールと統合した1競技として、08年北京大会以来の五輪復帰に大きく前進した。

共同通信