外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ビエンチャン共同】野田佳彦首相は6日午後(日本時間同)、ラオスで開催されたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議の地域情勢に関する協議で、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中対立を念頭に「わが国はいかなる紛争も国際法に従い平和的アプローチで克服することを重視している」と訴えた。中国の名指しを避けながら、ASEM参加国に日本の立場への理解を求める狙いだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信