外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長に指名されたイエレン副議長は14日、米国債などの大量購入で市場に資金を供給する現在の量的金融緩和は「現時点で効果が代価を上回っている」と述べ、当面維持することが適切との考えを表明した。米上院銀行住宅都市委員会での人事承認公聴会で語った。

共同通信