外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 警察庁は8日、内外の治安情勢を分析した10年版「治安の回顧と展望」をまとめた。北朝鮮は体制の維持、発展を至上目的として「金正恩氏の業績の積み上げを急ぐため、冒険主義的傾向を強めていく可能性がある」と指摘。米国から体制保証を得るため、核開発を中心に「硬軟織り交ぜた駆け引き」を繰り広げ、朝鮮総連は「万景峰92」入港禁止措置の撤回や朝鮮学校の教育補助金増額を目標に諸工作を展開との見通しを示した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信