外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【平壌、北京共同】朝鮮中央通信によると、死去した北朝鮮の金正日総書記の後継者、金正恩氏(28)は20日、平壌・クムスサン記念宮殿で金総書記の霊前に指導幹部とともに訪れ、哀悼の意を表した。総書記の死去前、正恩氏の活動報道は総書記と同行した場合に限られていた。正恩氏を中心とした報道はこれが初めてで、序列1位となったことも判明した。権力継承が急ピッチで進んでいることをうかがわせる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信