ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

金正恩氏、ミサイル継続を指示

 【平壌共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、人工衛星打ち上げと称して長距離弾道ミサイルが発射された12日午前、金正恩第1書記が発射を直接命令し、平壌郊外の衛星管制総合指揮所で状況を見守ったと報じた。第1書記は発射後、打ち上げを「今後も続けていかなければならない」と指示。金正日総書記の「遺訓」とされる発射を、金第1書記自ら指揮し成功に導いたと印象づけることで、権威付けに利用する狙いがあるとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。