外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩第1書記は29日未明、朝鮮人民軍のミサイル部隊の作戦会議を招集し、必要な時に米軍を攻撃できるよう「射撃待機状態」に入るよう指示した。核兵器搭載可能な米軍のB2戦略爆撃機2機が28日、韓国西部沖で爆撃訓練を実施したことを受けた対抗措置。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信