外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】1994年の北朝鮮核危機の際にクリントン米政権が寧辺の核施設攻撃を本格検討したものの、当時の韓国の金泳三大統領の反対などで思いとどまったことについて、金氏が「(攻撃を)認めていたならば、全ての人々にとって良かっただろう」と後悔する発言をしていたことが6日、分かった。内部告発サイト「ウィキリークス」が公開した米外交公電で明らかになった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信