外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】19日付の韓国紙、東亜日報によると、同国の情報機関、国家情報院の元世勲院長が18日、国会の情報委員会(非公開)で、北朝鮮の金正日総書記が眼球疾患を患い、フランスの医師1人が招かれたと述べた。情報委員会に出席した国会議員の話として伝えた。院長は「眼球疾患で視力に問題が生じた」と報告した。時期には言及しなかったという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信