ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

金総書記が首脳会談打診

 【ソウル共同】韓国の李明博大統領は、18日付の韓国紙、東亜日報が掲載した記事で、北朝鮮の故金正日総書記から中国の温家宝首相を通じて、首脳会談を打診されていたことを明らかにした。側近によると、打診は2009年にあったという。北朝鮮側が先に首脳会談を提案するのは異例。李大統領は金大中、盧武鉉両大統領が平壌を訪問して首脳会談を行ったため、今度は金総書記側に訪韓を要請。しかし総書記側は訪韓に難色を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。