外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北朝鮮で金正日総書記の治療に当たっていたとされる医療チームが昨年、シンガポールで極秘に脳疾患からのリハビリ治療などの研修を受けていたことが9日、関係筋の話で分かった。医師たちは大半は30歳前後の女性だったという。シンガポールの医療水準は東南アジアではずばぬけて高く、関係筋は、数人ずつの二つの医師チームがそれぞれ医療施設で約1カ月間程度、内科や外科など分野別に研修を受けたとしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信