外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 藤村修官房長官は21日午後の記者会見で、北朝鮮の金正日総書記死去を受け、日本政府として弔意を示す考えはないとの認識を表明した。拉致被害者や家族らの心情に配慮したとみられる。藤村氏は北朝鮮側が28日に平壌で開く葬儀と、29日の中央追悼大会などに際し弔意を示す予定があるかとの質問に「特にない」と答えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信