外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信によると、金正日総書記は9日、訪朝した中国の戴秉国国務委員(副首相級)と会談した。韓国・延坪島への砲撃後、金総書記が外国の要人と会ったことが伝えられるのは初めて。同通信は会談で「両国関係をさらに発展させることと、相互に関心を持つ一連の問題が話し合われた」と報道。中国の新華社電も「重要な認識の一致があった」と伝え、緊張状態の収拾も取り上げられたことを示唆した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信