外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】北朝鮮の金正日総書記が07年の南北首脳会談で、韓国の盧武鉉大統領(当時)が韓国人拉致被害への前向きな対応を求めたのに対し「謝罪までしたのに逆に日本は打って出てきた」と述べ、拒否したことが分かった。日本人被害者5人を帰還させた後に日本で北朝鮮非難が強まり、国交正常化交渉が行き詰まったことを指したとみられる。日本への被害者送還を失敗と判断していたことを示している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信