外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 金融庁は9日、暴力団など反社会的勢力への融資を放置した問題で、銀行法に基づき、みずほ銀行と持ち株会社のみずほFGに対し、金融庁の検査に事実と異なる説明をした経緯などを調べ、28日までに報告するよう命じた。金融庁はみずほの報告を受け、追加の行政処分を検討する。みずほ銀は金融庁の検査に、歴代トップは問題融資を認識していなかったと報告していたが、発覚当時の頭取が情報を把握していたと説明を一変させた。

共同通信