外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 金融庁が、運用資産の暴落など保険会社が抱えるリスクを総合的に把握することを目指して、保険会社向けの検査マニュアルを抜本改定することが14日、分かった。改定案では、株など運用資産の暴落のほか、大口の解約や巨大災害による資金繰りの悪化などの経営上のリスクを総合的に計算し、それに耐えられる自己資本を各社が確保しているかどうかを検査する基準の強化が柱となる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信