外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民、公明両党は19日、連立政権発足に向けた政策協議で「金融緩和の断行」を政策合意文書に明記することで一致した。両党の意見に溝があった原発・エネルギー政策は「原発依存度を下げていく」との文言にとどめることも確認した。協議は8項目で基本合意して終了した。文言を最終調整した上で、25日に自民党の安倍晋三総裁と公明党の山口那津男代表が文書に署名する運びだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信