外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は11日、新興国が懸念している米国の量的金融緩和の縮小を念頭に、金融政策を変更する場合に「明確な説明」を求めると共同声明に盛り込む方針を固めた。世界経済をけん引してきた新興国の減速に警戒感を示し、成長持続へ各国が結束して行動する考えを打ち出す。G20は11日午前、2日目の討議を開始。11日午後に声明を採択し閉幕する。

共同通信