【ソウル共同】韓国の高度経済成長を引っ張った浦項製鉄所の建設を指揮し、日本の技術支援を取り付けて韓国鉄鋼業の基礎を築いた在日韓国人、金鐵佑氏が7日、病気のため東京都内の病院で死去した。87歳だった。家族が明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。