ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

金75キロ隠し脱税容疑

 父親から相続した金の延べ板約75キロ(2億5千万円相当)を隠し、約1億円を脱税したとして、名古屋国税局が相続税法違反の疑いで、愛知県瀬戸市の不動産賃貸業亀井隆一氏(64)を名古屋地検に告発していたことが26日、関係者への取材で分かった。関係者によると、3人の子どもらに金の延べ板が相続され、税務申告は長男の亀井氏に任されていた。亀井氏は取材に「既に修正申告した。反省している」としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。