外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 神戸市は5日、病気を装って欠勤したなどとして、環境局の男性技術職員(50)を停職3カ月の懲戒処分にした。職員は「釣りの達人」として知られ、平日に収録されたテレビの釣り番組に出演しているのを見た視聴者から市に連絡があり発覚した。市によると、2006年11月~11年5月のうち15日間、白紙の薬袋に「ぜんそく」などと書き入れ、上司に提出して病気欠勤していたが、実際には高知など4県で釣りを7日間にわたり楽しんでいた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信