外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 この秋、札幌市のイチョウの黄葉が過去約60年の観測史上最も遅いなど、北日本を中心に紅葉・黄葉や初雪が記録的に遅かったことが30日、気象庁の「生物季節観測」などで分かった。気象庁は「秋の高温が一因だった可能性もある」としている。9月の日本の平均気温は、北日本の「異常高温」に引っ張られ観測史上最高。10月上旬も北日本は過去最高だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信