外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京高検は6日、受託収賄やあっせん収賄など四つの罪で懲役2年、追徴金1100万円とした一、二審判決が確定した新党大地の代表鈴木宗男元衆院議員(62)を呼び出し、収監のため東京拘置所に収容した。10月に食道がんの手術を受けた鈴木代表の体調などを考慮し、この日となった。収監先が、本人の要望とみられる喜連川社会復帰促進センター(栃木県)かどうかは不明。服役期間は約1年5カ月。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信