外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 受託収賄などの罪で実刑が確定した鈴木宗男元衆院議員(62)は20日、自身が食道がんになったと公表した。検査の結果10月上旬にがんと確定し、来週にも手術を受ける見通しという。10月中とみられていた収監はずれ込む可能性が高まった。同日、東京都内で開かれた会合で鈴木氏が報告した。鈴木氏は02年に逮捕・起訴されたが、03年8月に保釈された後に胃がんが見つかり、胃の3分の2を切除する手術を受けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信