外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 受託収賄罪などに問われ、実刑判決が確定する見通しになった新党大地代表の鈴木宗男被告(62)は8日、会見し「わいろをいただいた認識はない」とあらためて無実を主張し、「裁判所の真の公正公平はどこにあるのか」と批判。鈴木議員と弁護人は、決定に対する異議を近日中に申し立てることも明らかにした。鈴木議員は「検察が密室の取り調べで誤導した調書が(裁判では)最優先に採用された」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信