外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 受託収賄やあっせん収賄など四つの罪に問われ、上告を退けられた新党大地代表の衆院外務委員長、鈴木宗男被告(62)=比例北海道ブロック=の異議申し立てに対し、最高裁第1小法廷は16日までに棄却する決定をした。懲役2年、追徴金1100万円とした一、二審判決が確定。国会法、公選法の規定で議員を失職した。近く収監される見通しで、刑期終了後5年間は立候補できない。決定は15日付。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信