外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ストックホルム共同】鈴木章・北海道大名誉教授(80)と根岸英一・米パデュー大特別教授(75)ら3人をノーベル化学賞に選んだ選考委員会のテランダー委員長(68)が7日、共同通信と単独インタビューし、両氏らの業績について「独創性と実用性の両方の要素を備えている。理想的だ」と高く評価した。授賞理由の有機合成のパラジウム触媒クロスカップリング反応は「まったく新しいやり方」と称賛。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信