外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主党の鉢呂吉雄国対委員長は9日午前、北海道小樽市で街頭演説し、強制起訴が決まった小沢一郎元代表への対応に関し、小沢氏自らが国会の場で説明責任を果たしていくのが望ましいとの認識を示した。「国民のための国会として機能することが大事だ。小沢氏自身が国民の疑念を晴らし、いつまでも不信感を持たれないようにする必要がある」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信