【オーランド共同】米フロリダ州オーランドで100人以上が死傷した銃乱射事件で、現場で射殺されたオマル・マティーン容疑者(29)はイスラム過激思想に感化されていたものの、特定のテロ組織に直結していたわけではないとみられることが、連邦捜査局(FBI)などの13日までの捜査で明らかになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。