ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

銃乱射、「次は自分」と死を覚悟

 【オーランド共同】米フロリダ州オーランドで49人が死亡した銃乱射事件で、負傷者らが搬送された現場近くの病院が14日、記者会見を開き、銃撃された男性が「次は自分だ」と死を覚悟した恐怖の瞬間を証言した。治療に当たった医師は次々と負傷者が運ばれて病院内は「まるで戦場だった」と振り返った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。