ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

銃撃のマララさん、当面英に滞在

 【ロンドン共同】パキスタンでイスラム武装勢力に銃撃され、英国で入院中のマララ・ユスフザイさん(15)が、入院先の英中部バーミンガムに当面滞在する見通しであることが分かった。24日付の英紙デーリー・テレグラフが報じた。マララさんは両親と兄弟に付き添われている。パキスタン政府が配慮を示し、父親のジアウディンさんをバーミンガムにある同国領事館の職員として採用する意向を示しているという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。