銃撃犯は39歳フランス人

 世界の出来事

 【パリ共同】パリ中心部シャンゼリゼ通りの警官銃撃テロで、フランス検察当局者は21日、容疑者はパリ郊外生まれのカリム・シュルフィー容疑者(39)と発表した。容疑者はカラシニコフ自動小銃を発射し警官1人を殺害、2人に重軽傷を負わせたという。当局は共犯者の有無や過激派組織「イスラム国」(IS)との関連などについて捜査を進めている。

共同通信

 世界の出来事