外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】銃規制派として有名なニューヨークのブルームバーグ市長とワシントンにある同市長主導のNPO「違法な銃に反対する市長たち」の事務所にこのほど、匿名の脅迫状が1通ずつ郵送され、29日までの初期検査で、猛毒物質リシンの陽性反応が出たことが分かった。AP通信など米メディアが報じた。ニューヨーク市警の調べでは、市長への手紙は24日、ワシントンへの手紙は26日に開封された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信