外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 リオデジャネイロ五輪第10日(14日)テニスは男子シングルス3位決定戦で錦織圭(日清食品)がラファエル・ナダル(スペイン)を下して、銅メダルを獲得した。日本勢のメダルは1920年アントワープ五輪で熊谷一弥が男子シングルスで銀、熊谷が柏尾誠一郎と組んだ同ダブルスで銀を獲得して以来96年ぶり。アンディ・マリー(英国)が2連覇。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信