外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バンクーバー共同】男子テニスの国別対抗戦、デ杯ワールドグループ1回戦の日本―カナダ最終日は8日、バンクーバーでシングルス2試合が行われ、日本はエースの錦織圭(日清食品)が勝利を収めたが、最終戦で添田豪(GODAITC)が敗れ、通算2勝3敗で2年連続のベスト8進出はならなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信